メカ紫

マルコフ源氏

お知らせ: Twitter はじめました。

再読み込み

おはせむとゆかしければ、さるべき御宿世、なにがしこの端書きの御母君亡せたまへるほどありければ、なよも経とも障はらじかし。それに下ろしたてまつりて物語し侍従、めづらしきほどなど、御装束、うちに、わざとは、院は、そのわたりつるを思ひ出でらるべきならず、貌鳥の声、見せたまへば、落ち細りて聞かむ嘆きけり。三条の趣きにて、名残とどめたまへば、赦されて、えうち混ぜて、春宮、言ひて、かうざまの女官など、あはあはしき御心など移りぬ。さらぬ人よりは行きても慰めに、と、出でて、御方などめぐりの御こと、などおぼゆ。とかく聞きしは、なまめかしう、いと長きなる音など、濃き衣の五条に、ひたみちに嘆かる御用意、かの宮の人を、をさとどこほるところあらざらむ罪失ひたまへば、所狭きなりけり。懸想人の長歌詠みてなむよきほど待ち遠ならむと思ふことを、と思し合はすることの口開きたり。

再読み込み

メカ紫「……どうかしら?」


メカ紫について

pearlyhailstone
emptypage.jp