メカ紫

マルコフ源氏

お知らせ: Twitter はじめました。

再読み込み

垣の、いと情け情けしき心ばせある折節のにほひ失せぬことを過ぐして、南面の格子上げずながら、などやとのたまへれたまひぬをむなしく思ひしものになむ隠したりしほどなれ。あな、ただ今は、舞の御心にて、世に、かかる方なくおはしますらむもまさに漏り聞きて、おほかたの御後見をもはた、三年のこなたに見たてまつるも、さなむ。隔てたるところ、またさるべきことども、そなたに、つれなくてものしたまひて、難ずべき。一年足らぬ車に残して、と聞こえさせたまふを。すこしものをば、隈なき月いと見たまふ。詳しく問ひたまふ。

再読み込み

メカ紫「……どうかしら?」


メカ紫について

pearlyhailstone
emptypage.jp