メカ紫

マルコフ源氏

お知らせ: Twitter はじめました。

再読み込み

腹立ちたまふ。そのついでに心よ。とりつつ、あやふくゆゆしや、と夕日に、心安くならひたまはずは、何の御前にて、もとより、など、女の御身といふもの、御心づかひをはじめければ、いひしも似たらむ、忍びあるきも見えたまふ。なほいとよく教への君たちおはします。その人は、いみじと思ひしたまふ。かくもありなむ。わが娘どもを聞く人と聞こえも京にまさりて、など言ふをも、いみじくうれしき御声かな。ただ、好き好きしきさま、またあひ見たてまつりたまふにてもいつと、取りてもかなはば、千尋と、世の中の書も、と見えぬ。なよなよと、ただかたがたに誦みたる蔦のも山の師ども添へたらむ、よしや、とはしたなめむものさびしき住まひの枝にいらへ聞こえたまふめるかたはらいたしと聞こえたまへる御心なれば、荒かりし御禊河の荒かりしもおとなび果ては、まじらひやあらじとなむありて、とおぼえに、あだなる世にまかせてなむ、心の御けしきなれば、かかるほど、抜けぬるなむ。

再読み込み

メカ紫「なかなかの出来!」


メカ紫について

pearlyhailstone
emptypage.jp